目の周りのかゆみ原因種類とケア方法のポイント

目の周りがかゆくて、ついつい目の周りをこすってしまい、鏡を見ると赤くなっている。

その症状は刺激性の接触性皮膚炎である場合が多く、他の原因よりかなり対策がしやすく治まりやすい肌トラブルです。

ただ、頻繁に、また毎日などかゆみが続く場合は、アレルギー性の接触性皮膚炎であることが考えられます。

他にもアトピー性の場合もありまうが、目の周りのかゆみ原因は多くの人が刺激性であることが一般的。だから十分対策ができますし、すんなり解消することも多いです。

しかし、アレルギー性とアトピー性の場合、原因を取り除かないとステロイドでも治りません。

意外な原因も!赤くなっている場合の原因予想

アトピー性皮膚炎の場合の特徴

アトピー性の場合はかゆみだけで治まらず、赤みを帯びた湿疹やかぶれが起きます。

また目の周りだけかゆいということはまずなく、もっと広い範囲で症状が起きるのが普通です。また左右対称に発症するのも特徴。ただ正確な判断は皮膚科の先生に判断してもらうしかありません。

刺激性とアレルギー性の違いは最近変えたものがあるかどうか

単なる刺激性の接触性皮膚炎なのか、アレルギー性なのかは一概に分かりません。

一応参考として、もし、最近以下のものを変えたことがある人は、アレルギー性の接触性皮膚炎かもしれません。それなら、皮膚科でそのことを伝えた上で、外用薬を処方してもらうと治りが早いです。

  • 目薬
  • シャンプーやコンディショナー
  • ファンデーションやマスカラなどのメイク化粧品
  • 洗顔料
  • 化粧水などの基礎化粧品
  • 顔を拭くタオル

肌に優しいはずのオーガニック化粧品で目の周りがかゆくなる!?

オーガニック化粧品も注意が必要です。

自然で肌に優しいイメージがあるオーガニック化粧品ですが、配合される植物エキスは時間をかけてかぶれ症状を出すことがあります。

例えば漆(ウルシ)で荒れる人は多いですが、あれも植物エキスの内です。植物エキスは化粧品なら精製して配合しますし、漆みたいな刺激性のある成分は使いません。それでも科学的な成分より刺激となるケースがあります。

化学成分の入った化粧品で荒れたからオーガニックに変えても、良かったのは最初の2ヶ月だけ。それから急に肌荒れが出てきて重篤化することがあります。

この場合、オーガニック化粧品に変えてから数ヶ月経過しているため、オーガニック化粧品が原因とは気づきにくい問題があります。そのため皮膚科の先生も原因に気づかず、仕方なくステロイド外用薬を処方し続け、かぶれがさらに悪化して目の周りが大変なことになる人もいます。

オーガニック化粧品に変えた人は、一応その可能性もありうることは覚えておいたほうがいいでしょう。

目の周りの乾燥=刺激に弱くなる→→かゆくなる

刺激性でもアレルギー性でも、さらにアトピー性であっても、皮膚炎によるかゆみや炎症はある共通点があります。

それは、肌が乾燥していると発症しやすいということ。

目の周りがかゆくなる時期と言うと、圧倒的に秋冬、そして春先ではないでしょうか?秋冬は肌が乾燥しやすく、それが春先まで影響が残ります。

つまり、空気中の湿度が低いと、目の周りがかゆくなる人が圧倒的に増えます。ということは、「空気」が刺激物となっている接触性皮膚炎になっているわけです。

カチカチのパンと焼きたてパンのどちらが痛い?空気の刺激は湿度次第

空気くらいのものが刺激になるのか?

と思うでしょうが、結構肌が強めの人でも、かなり寒い日の乾いた空気が頬に当たるとチリチリしたような刺激を感じることがあります。これが空気の刺激です。

イメージ的には、パッサパサの食パンは硬くてぶつけられると痛いですが、水分が多いフワッフワの食パンならぶつけられても痛くないのと同じです。水分が多いと刺激が少なくなります。

目の周りのかゆみ対策は細胞間脂質不足解消がキーワード

そもそも肌が乾燥していなければ、空気くらいの刺激ではかゆみや炎症は起きません

なぜなら、肌の水分が刺激を通さないからです。

正確には、水分を抱えたセラミドとコレステロール、脂肪酸で構成される「細胞間脂質」というもののおかげです。肌が乾燥している=細胞間脂質不足です。

細胞間脂質は肌角質の隙間にあり、まさしく肌細胞(角質)の隙間を埋める役割をしています。

これがあるから、肌は水を弾くし、毒を塗られても弾くかあまり吸収しなくなっています。逆に口の中の舌は別で、消化器官の一部なので吸収効率を高めた構造になっています。

だから青酸カリを舐めたら血管にすぐ吸収されます。すぐに毒が全身に回り死に至りますが、肌に青酸カリを塗られても浸透しないため死にません。これがバリア機能であり、実現しているのが細胞間脂質です。

つまり、肌が乾燥している → 細胞間脂質が不足している → 刺激に弱く空気でさえも刺激物になる という構図です。

空気でさえ刺激物になりうるので、化粧品やタオルといった接触でもかゆみ、炎症を起こす可能性は遥かに高くなります。

目の周りが長く乾燥しているならこれでケア

目の周りの乾燥はバリア機能低下になり、

花王キュレルに代わる敏感肌ブランド
ディセンシア つつむ

  • 目の周りも安心の敏感肌専門ブランド
  • 気を使わずセラミドを守る洗顔料とクレンジング
  • 化粧水単体でもいける保水力
  • 水より優しく感じるほど

目の周りの乾燥ケアで失敗しがちなのが、保湿が良かれと思って逆効果になること。その代表例が肌に合わないことです。

ディセンシアは敏感肌専門ブランド。つつむは同社の基礎スキンケアラインで、花王キュレルと同等で安心です。

違いは花王が擬似セラミドに対して、つつむはより質が高いとされるヒト型ナノセラミド。さらにバリア機能を高める特許技術が採用されており、より先進的な保湿が可能となっています。

乾燥だけでは済まない人に
ディセンシア アヤナス

  • 敏感肌専門ブランドなのにエイジングケア
  • 衰えがちな目の周りのコラーゲンをケア
  • コラーゲンを壊す糖化反応に対処
  • セラミドが増えない肌質に3つのアプローチ

つつむと同じく、目の周りも安心して使える敏感肌専門ブランド。最大のメリットは、高い細胞間脂質ケアに加えてエイジングケアができることです。

バリア機能が衰えると肌の老化スピードは急速に高まります。セラミド増加と特許技術でバリア機能を高めて老化原因にストップ。さらに内部でコラーゲンをサポートし守るケアも同時進行。

どのライバルコスメもセラミドケアが精一杯。守るだけじゃ戻らない悩みを積極的にケアできるのはアヤナスだけです。かゆみ期間が長くダメージを負い続けた肌を最大限いたわる内容です。

肌荒れも悩みならこれ
常盤薬品 ノブⅢ

  • 皮膚科で売られている信頼ブランド
  • セラミドの馴染みがとてもいい
  • 肌荒れ予防成分の医薬部外品
  • 使いやすい美容液がバリア機能アップ

敏感肌×皮膚科=NOV

この方程式が数十年続く信頼のブランド。老舗なだけでなく、医薬品メーカーの最新肌研究が常に製品改良に加えられて日々進化しています。ただ古いだけじゃない、最新、かつ優しいバリア機能コスメです。

他の製品との違いは、セラミドが肌に馴染みやすく留まりやすいこと。そして肌荒れ予防成分で、荒れやすい目元を優しく守ってくれる点です。

すぐに荒れる、弱い、ガサガサになる…繰り返す悩みに歯止めをかけるスキンケアが簡単にできます。皮膚科医も認める信頼のブランドです。

究極の安心目元ケアならこれ

医薬品としての認証も視野に入れた、肌水分量改善成分…それがライスパワーエキスNo.11です。

国産米から作られる優しい成分。日本人の肌は本当はこうだった!というのを体感させてくれる成分は、セラミドを増やす画期的な効能があります。

そしてアトピー肌の人も使う非常に優しい成分。荒れやすい目元はいわばアトピー予備軍の状態。定着しにくい目の周りの薄い皮膚に、違和感なく内側から改善する唯一の成分です。

目元に安心!響かない水分改善クリーム
ライスパワー アトピスマイル

  • 唯一の肌水分量改善成分
  • アトピー肌の人も使う安心・製品品質
  • クリームだけどクリームじゃない快適さ
  • 伸びがよく薄い目元に負担をかけない

成分内容、品質で言うならどう考えてもNo.1です。非常に使いやす行く、非常に品質がいいです。

保湿とは簡単に言いますが、多くは湿らせるだけです。これは細胞間脂質の一つであるセラミドを増やす作用がちゃんと認められた、薬に近い医薬部外品です。

セラミドを直接含まないため、使いだしてしばらくは「?」という日々が続きます。後に残らなさすぎて物足りなさも感じるので余計にです。

しかし、2週間、1ヶ月、2ヶ月と日を追うごとに、困っていた違和感を気にする時間が少なくなってきました。これが「改善」なんだなと気づきます。もうあれこれ塗り続けるのは嫌だ、無駄だと思っている人ほど試してみて欲しい薬用コスメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  1. トップページ
  2. 目の周りのかゆみ原因種類とケア方法のポイント